いろいろと活用されている話題のカラーセラピーとは

効果は科学的に実証されている

服や身の回りのものを見ると、同じような色ばかりということはありませんか。人は無意識に色を選んでいるようです。この色の選択が心の変化を反映しているとされます。選んだ色を色彩心理学に基づいて分析して、心理状態などを読み取ることができるのが、カラーセラピーです。カラーセラピーの歴史は非常に古く、古代エジプトや古代中国などで利用されていたとされます。古代エジプトでは、異なる色の日差しが差し込む部屋で病気の治療が行われ、古代中国では、特定の患者に対して紫色の絨毯に寝かせて治療をしたと記されています。近代に入ってカラーセラピーが、再び脚光を浴びたのは、1970年代以降とされます。その後、科学的な裏付けが次々に実証され、色彩を効果的に生活に取り入れるようになっています。それではこのカラーセラピーについて説明していきます。

人に寄り添うカラーセラピーの原理

カラーセラピーでは、心が色を選ぶとされます。心が辛い状態の時は、その辛い感情を排除したり和らげられる色を無意識に選ぶようです。一方、心が幸せな時は、その幸せを維持したり、より一層大きくする色を選ぶとされます。いずれも心が欲している色を選ぶわけです。色彩が心に影響力を持ち、感情を豊かにするとされます。また、色を通じて感情を表現したり発散できれば、心に溜めたストレスなどを上手に減らすことができます。右脳は直感を司り、心の状態に合わせて色を選ぶ時に使われ、左脳は合理性を司り、目的に合わせて色を選ぶ時に使うとされます。配色のバランスを考えたりと実生活に関わるのは主に左脳となりますが、カラーセラピーではリラックスしたり、左手を使って右脳を活性化させるとされます。

ここまでわかるカラーセラピーの効果

カラーセラピーは、色彩療法とも呼ばれています。直感で選んだ色は、無意識のうちに必要としている色になります。色が心に刺激を与え、感情を豊かにする効果があるとされます。主な色の効果には次のようなものが挙げられます。赤はやる気とパワーをもたらすとされます。行動力や元気が足りない時や、競技や試験、恋愛などここ一番で力を発揮したい時に活用します。ピンクは愛と安らぎ授け、女性らしさを高めるとされます。恋愛運・結婚運が低迷している時や、女性としての魅力を高めたい時に活用します。オレンジ色は明るさと力強さをもたらすとされます。対人関係を良くしたい時や、自分をイキイキさせたい時に活用します。黄色は、明るさと無邪気さをもたらすとされます。明るさを取り戻したい時、脳に良い刺激を与えたり、良い運気が欲しい時に活用します。緑色は周囲と調和させたり、リラックスさせるとされます。心身のバランスを取り戻したい時や、心を穏やかにしたい時に活用します。紺色は気持ちを落ち着かせ、冷静な判断力を授けるとされます。直感力が必要な時や、仕事で成功したい時に活用します。紫は、精神性の高さ、癒しの力を授けるされます。直感力や洞察力が足りない時や、創造力を豊かにしたり、芸術センスを高めたい時に活用します。白は心や体を浄化させるとされます。気持ちをリセットしたい時や、新たな出発を後押ししたい時に活用します。

カラーセラピーの医学的な影響力

心臓の動きや体温を調整する自律神経は、色による影響が大きいとされています。自律神経は意識して動かすことはできず、ストレスなどで機能が低下したりします。この自律神経には、活動する神経の交感神経と、休息する神経の副交感神経があり、必要に応じて切り替わります。赤や黄色の暖色系の色が交感神経を、青や紫の寒色系の色が副交感神経を活発にさせるとされます。交感神経が活発になると心身を活動的になり、副交感神経を活発になると心身を休息させることになります。どの色を好むかで、活性化を望むか沈静化を望むかがわかるわけです。

まとめ・科学的な根拠に基づいている

無意識に選んだ色を分析することで、性格や心身の状態が読み取れ、そこから癒しなどがもたらされることがわかります。色が心など人の内面などに大きな影響力を持っているようです。数々の事例により科学的に裏付けられ、その効果は確かなものになっています。赤が行動力を与えたり、黄色が明るさ、緑がリラックス、紫が精神性の高さなどとそれぞれの色に様々な特性があります。カラーセラピーは主に右脳を活性化させて行うものと言えます。色彩療法とも呼ばれ、医学的見地から注目されています。カラーセラピーを上手に活用して、人生を充実させたいものです。

カラーセラピー  カラーセラピー

関連記事

  1. Color
  2. 机
  3. 空
  4. Color
  5. Color
  6. Color