1月3日生まれのオーラの色診断

1月3日生まれの人の主な性格

1月3日生まれの人は、基本的にはまじめな性格ですが、その中にも遊び心のある性格です。約束したことはしっかりと守ったり、コツコツと物事を進められるため、周りからの信頼も厚いでしょう。その反面、固いだけではなく周りを盛り上げることもできる大変器用なタイプです。ギャップがあるため周りを驚かせるでしょう。
ただし、これが頻繁になると自分自身が疲れてしまい、結局どれもうまくいきづらくなってしまうので、自分の心の疲れ具合をコントロールしながら、まじめでいる場、楽しむ場を分けて行うと良いでしょう。
みんなに楽しんでほしいという気持ちの強い人なので、恋人ができても長続きしそうです。尽くしすぎてしまう傾向があるので、相手の好意も快く受け入れましょう。

1月3日生まれの人のオーラ

1月3日生まれの人は、ブルーのオーラを持った人です。ブルーのオーラを持った人はまじめで何事もしっかりと判断できます。よく固い人だと思われがちですが、1月3日生まれの人は盛り上がる場に行けば盛り上がれる人です。
周りは固い印象を持っていて話しづらいと思っている可能性があるので、自分からも積極的に離してみると良いでしょう。

・このカラーの人のすべきこと
何事も客観的に捉えられるのがブルーのオーラを持った人の特長とも言えます。リーダーとなって進んでいくというよりは、サポートとして周りの進行チェックなどを行うとかなりスムーズに企画などが進んでいくでしょう。
ある程度我慢する場も多いと思いますが、自分を前に出しすぎるとまとめきれなくなるので注意しましょう。

・カラーエネルギーの高め方
いろいろと自制する場の多いブルーのエネルギーですが、ブルー以外のエネルギーを持った人と積極的に話しましょう。ブルー同士だと、お互いに落ち込んでいる場合にさらに気持ちを落としてしまう可能性があります。
一番おすすめなのは、グリーンのエネルギーを持った人に話を聞いてみることです。話をしなくとも、グリーンの癒しのオーラで落ち着き、気持ちをフラットな状態に戻せるでしょう。

1月3日生まれの人の男性の運勢

真面目で貯金も得意なため、お金に困ることはほとんどありません。ただし、若いときは思ったよりも給料が少ないなどで、ストレスを感じる可能性はあります。しかし、それも時間の問題なので耐え抜きましょう。
そして、人に気を使いすぎる正確なので、オフの日はしっかりと仕事とは線を引いて遊んだり、自分の行いたいことを行うなどの時間は設けるようにしましょう。

1月3日生まれの人の女性の運勢

20代までは思い通りに物事が進まずあせってしまうかもしれません。ただし、ここで我慢すれば次第に周りから認められるようになります。何度も挫折しそうになると思いますが、持ち前の忍耐力から、ほかの人に比べたら意外と続けられるでしょう。
恋愛に関しては、いくつになっても女性から言い寄られるようなモテモテの人生です。ただし、1月3日生まれの人自身はとても真面目なので、遊んでしまうこともほとんどないでしょう。

1月3日生まれの人のまとめ

若いうちに苦労しやすいですが、友達にも恵まれやすいため、コツコツとやり続けていれば芽が出るでしょう。ただし、人に気を使いすぎたり、無理をしやすいので、そこだけ気をつけてください。

カラーセラピー  カラーセラピー

関連記事

  1. 空
  2. 色
  3. ボトル
  4. カラーボトル
  5. 緑
  6. カラフル