1月16日生まれのオーラの色診断

1月16日生まれの人の主な性格

1月16日生まれの人は、こだわりが強いため、何事も自分中心で行わないと気が済まない人です。社交的な面もあるため、それに周りも気が付かないことも多いですが、内心はストレスを抱えている可能性があります。なかなか否定的なことを口にすることが出来ず、嫌だと思いつつもそれを受け入れてしまいます。
その強いこだわりは、なにかを作り上げる仕事など職人として生かせるでしょう。親切で丁寧なので、部下などが出来たらいい上司になります。

1月16日生まれの人のオーラ

1月16日生まれの人は、ブルーのオーラを持った人です。常に周りを見渡して的確な指示出しが出来るでしょう。ただし、思ったことを口に出すタイプではないので、1月16日生まれの人がストレスを抱えるのはもちろん、周りも心を開いてくれていないと壁を感じている場合もあります。
同じようなタイプだと、発展性がないので、基本的に真逆のタイプの人と一緒にいると、意外と物事がスムーズに進みやすくなります。

・このカラーの人のすべきこと
リーダーとなる人のサポート役をしながら、部下に指導すること、全体がスムーズに動くか見張っていることが向いています。リーダーを支えつつ、職人を育てるなども良いでしょう。
自分のやり方にこだわりがある分、それを指導する側に回ればストレスは少なく仕事が出来ます。しかし、多少でもストレスが常に抱えやすいタイプなので、休息はきちんと取るようにしましょう。

・カラーエネルギーの高め方
サポートタイプで、ストレスを抱えやすいため、カラーエネルギーの高め方はかなり重要になります。ブルーのカラーエネルギーの高め方は、話していてリラックスできる仲間を作っておくことです。
ただし、同じブルーのオーラを持った人だと、いくら話しやすいからと言っても気持ちが落ち込みやすくなるので避けましょう。自分とは別の考え方を持った人と話すことがおすすめです。

1月16日生まれの人の男性の運勢

平均して安定した運勢です。若いうちは特に運気が良く、仕事などがかなりスムーズに進むようになるでしょう。ただし、仕事に夢中になりすぎるため、付き合いで貯金できなかったり、恋人との時間を設けられなかったりします。ここで、素敵な女性との出会いを逃すと、恋人は仕事になってしまう可能性が高くなります。パートナーとしておすすめなのは、仕事も理解してくれている仕事仲間の年下女性です。

1月16日生まれの人の女性の運勢

30代程まで金運がかなり良いでしょう。結婚も同じくらいなので、それまでに結婚すれば、玉の輿に乗れる可能性も高くなります。サポートタイプでもあるので、良い妻として努めることが出来るでしょう。
ただし、結婚後は仕事と家庭の両立は難しいので、まずは家庭を第一に考え、余裕がでたら仕事も検討してみましょう。嫁姑問題も悩みとして出てきそうですが、その場合には旦那さんが味方になってくれるでしょう。

1月16日生まれの人のまとめ

こだわりの強さはあるものの、使い方次第ではかなりの強みなので、良いように利用しましょう。また、仕事も楽しいかもしれませんが、若いうちに良いパートナーを見つけるようにしてください。

カラーセラピー  カラーセラピー

関連記事

  1. 靴
  2. スケッチブック
  3. カラフル
  4. 水玉
  5. 色鉛筆